エコカーと気まぐれブログ > インサイト > インサイトのアイドリングストップとエアコン

インサイトのアイドリングストップとエアコン


夏になるとインサイトのエアコンの話題が時々あがってきます。

 

インサイトは、アイドリングストップ中にエアコンが効かないのですごく暑い!という「うわさ」なんですが、そろそろこの手の話は終焉になって欲しいです。

 

 ホンダのホームページでは、インサイトのエアコンに関して、下記のような記述があります。

 

 

~アイドリングストップにより、エアコンは送風に切り替わります。ECONスイッチがオンの時は、燃費向上のためアイドリングストップが優先されますので、車内が暑いと感じた際はECONスイッチをオフにしていただきますと車内外の温度や環境に応じて、自動的にエンジンが始動し、エアコンを作動させて快適性を優先します。~

 

 

エアコンが効かないインサイトって本当?のページでも書きましたが、今時、エアコンが効かなくて車内が蒸し風呂状態になる車なんてありますか?と思うんですが、煽り系というか、本当のことを知らないでインサイトを悪く言う人がいて残念です。

 

人によって良し悪しの判断はあるでしょうが、個人的にインサイトに乗っていて、夏だから困ったということは無いです。

 

エアコンは普通に効きますし、小さい車なので室内も比較的早く冷えて問題はありません。

 

 

 

エコモードにしているとアイドリングストップの回数が増えるので、停車中は送風のみになりますが、車内は冷えていますし、送風口からも暫くは冷たい風が出てきます。

 

赤信号で止まる程度であれば、目くじら立ててエアコンが効かない!と叫ぶほどのことでもないです。 もちろん、暑い日はエコモードをオフにしていれば、アイドリングストップの頻度も減って、停車中でもエアコンは普通に効きます。渋滞になっても、困ることはありません。

 

Pレンジ入れていれば、エンジンは動いたままなので、駐車場でちょっと休憩という場合でもエアコンは効いています。 エアコンの効いた涼しい車内で昼寝をするといったことも当たり前にできます。

 

イチイチこんなことを書いている自分が恥ずかしいくらいですが^^; 誤解が多いようなので念のために。

 

 

 

プリウスなどはアイドリングストップしてもエアコンが稼動します。でも、これは走行中に貯めた電力を使っているので、電力が減るということは、走行中にエンジンや走行エネルギーから充電しなければなりませんから燃費が落ちます。

 

インサイトで、アイドリングストップしてエアコンが効かないというのは、こういった電力やエネルギーを使わない選択をしているにすぎません。

 

また、エコモードにしていると、走行中も含めてエアコンの送風も全体的に弱くなるので、インサイトのオーナーさんでも勘違いしてエアコンの効きが弱いと思っている方もいるようです。

 

あくまでも省エネモードで運転しているという感覚が必要なんだと思います。 ECONモードをオフにして、快適を優先すれば、エアコンはガンガン効きます。

 

 

新型ハイブリッド車「インサイト」発売時の映像

 

 


公開日:2013年7月10日 / 更新日:2016年12月4日 / カテゴリ:インサイト