車検の見積もり
エコカーと気まぐれブログ > 車の整備&車検 > 車検見積もりのための事前点検をおすすめします

車検見積もりのための事前点検をおすすめします

車検費用を安く、そして、整備を納得のいくものするためには、車検の前にお店に行って見積もりを出してもらうことをおすすめします。

 

車検は自動車ディーラーをはじめ、中古車販売店、車の修理工場やガソリンスタンドなどで受けることができます。

 

車検だけを専門にやっているような修理工場もあります。詳しくは、民間車検工場でインサイトの車検をしてみたのページをご参照ください。

 

車検を扱っている各社のホームページでは、ネットで簡単な見積もりを出してくれるところが増えていますが、実車を点検する前の最低限の価格になります。自分の車を点検してもらうまで正確な金額はわかりません。

 

一般的には、ブレーキオイル・エンジンオイル・ワイパーゴム・エアコンフィルター・バッテリーからはじまり、古い車などは少し費用がかさむエンジン部品や足回りのパーツ交換も必要になることがあります。

 

 

 

面倒だけどやった方が安心できる車検の事前見積もり

 

面倒に思われるかもしれませんが、車検を受ける2~3週間前に事前点検&見積もりを依頼されることをおすすめします。

 

予め気になるお店をネットやチラシなどで調べておいて、2~3店舗で見積もりを取って比較することで、自分の予算にあった車検を受けられることがあります。

 

すでにお店が決まっているのであれば、車検をする日の1週間前くらいでもいいかと思いますが、いくつかのお店を比較するということであれば、2週間前くらいは余裕があった方がよいかと思います。

 

通常、事前の車検見積もりは無料で行ってくれると思います。お店によって異なるかもしれませんので、ホームページや電話で無料で行ってくれるか確認しておくと安心でしょう。

 

所要時間は30分から1時間程度になります。急にお店に行っても混雑していたりすると待ち時間が長くなったり、その日は断られてしまうかもしれません。

 

予め電話連絡して、車検の事前見積もりをお願いできますか?といったように聞いて予約を取ってからお店に行った方がよいでしょう。ネットから予約できるお店もあります。

 

車検の見積もりを出してもらった後は、お店側から車検の予約をお願いされると思います。気に入ったお店であれば、車検の仮予約を入れてもいいと思います。一応、キャンセルや変更が可能か確認しておきましょう。

 

他店と比較したいのであれば、スケジュール調整して改めて予約の電話をすることを伝えてもよいと思います。

 

車検が切れる直前はスケジュール的に無理が生じることがありますので、余裕を持って見積もりを取ってください。車検は有効期限の1ヶ月前から受けることができます。

 

 

 

車検にいくらかかるのか事前に知っておいた方が安心

 

車検を行う当日に、見積もりや請求書を見てびっくりするより、事前にいくらかかるのか分かっていた方が安心だと思います。

 

法定費用(自賠責保険料と重量税)の支払いは決まった金額になりますが、それ以外はお店ごとで異なってきます。

 

たとえば、車検整備の基本料だけで比べても、1万円~3万円というように(車種にもよりますが)1万円以上違ってくることがあります。

 

コミコミの基本料であれば、高いと感じても全体では安いことがあります。逆に基本料は安くても、技術料や検査料などよくわからない経費が10000円単位で加算されて高くなることもあります。

 

整備内容でも、あるお店ではこのパーツは交換した方がよいと言われたが、別のお店ではまだ交換する必要はないと言われることがあります。

 

事前に見積もりを取ってあれば、自分の予算の範囲で、今回はこのパーツを交換して、別のパーツは次回にするといった判断を時間をかけて検討することができます。

 

バッテリーなどの交換が必要な場合、車検でやってもらうよりオートバックスやジェームスなどカー用品店で交換した方が安上がりのことがあります。また、自分で交換できるのであれば、ネットで安く購入してもっと安上がりにできるでしょう。

 

また、車検でのパーツ交換修理では、ベーシックなタイプを定価で取り付けることがあり、それなら量販店で値引きされた高機能のパーツを付けてもらった方がお得なことがあります。

 

このように事前に整備内容が分かっていれば、車検の前に自分の好みでパーツ交換や修理をしておくことも可能です。

 

 

 

見込み客へ特別料金を提示されることがある

 

お店によっては、わざわざお店に来てくれた見込み客を引き止める策として、車検整備の特別なキャンペーン料金や値引きを提示してくれることがあります。

 

私の利用したある修理工場では、ホームページに出ていた車検の基本料金は15000円くらいでしたが(法定費用は別)、実際にお店に行って見積もりを取ったときはキャンペーン中とのことで、9800円になっていたときがありました。

 

ネット見積もりでは正規料金で案内されましたが、実際にお店に行くとキャンペーンや割引を適用してくれて、かなりお得な見積もりを出してくれるお店もありました。

 

お店では時期によって様々なキャンペーンを行っていることがあり、ホームページで得られる情報が常に最新ではないことがあります。

 

私の住んでいる地域では、地域密着型の中規模の車検専門店やガソリンスタンド系の修理工場が、見積もりの段階で特に割引してくれる印象があります。

 

全国規模のチェーン店は決まった料金設定になっているようで、修理ではお店ごとの判断で多少値引きがあるようですが、それ以外は一律でやっている印象です。

 

また、お店のホームページでは、車検は現金払いと案内が出ていましたが、見積もりの際に聞いてみたところ、全額クレジットカード払いでもOKというお店もありました。

 

現金で10万円近く持ってお店に行くより、クレジットカード払いの方が断然便利で(カードのポイントも付きますし)、それだけでそのお店の評価アップに繋がったことがあります。

 

 

 

お店の対応や設備を見極めることができる

 

馴染みのお店があって、いつもそこで車検をお願いしているというのであれば安心かと思います。

 

しかし、新しいお店で車検をお願いする際、ぶっつけ本番で車検をお願いするのは、ときに嫌な思いをしてしまうことがあるかもしれません。

 

実際にお店に行ってみたら、受付の態度が悪かったり、しっかり説明してくれない整備士がいたり、料金が必要以上に高く感じたり、お店が汚くてしっかり整備してもらえない雰囲気を感じることもあります。

 

自分の車を預けるのですから、それなりにしっかりしたお店に任せたいでしょう。そのためは、お店に出向いて事前の見積もりをお願いするついでに、お店の対応や設備をチェックしておくこともおすすめします。

 

複数の店舗で見積もりを取れば、自分好みのお店が見つかる確率が高くなると思います。

 

安ければどこでもいいというケースもあるでしょうが、料金が少し違うくらいなら対応が丁寧なお店がいいといった判断をするケースもあるでしょう。

 

 

 

事前の車検見積もりを取らなかったときの後悔(1)

 

以前、近くのホンダディーラーで車検をしましたが、車を預けて後から電話で車検の料金を伝えられたことがありました。

 

私は店頭で見積もりを出してもらいたかったのですが、お客様をお待たせすることがないように電話連絡する方法に変更したとして、押し切られて帰されました。

 

代車で帰宅している途中にディーラーから携帯に電話がかかってきて、車検の総額を伝えられただけで、あとはこちらに任せてくださいといった対応をされました。

 

思ったより高額だったので内容確認させてくださいと言ったら、「電話で説明すると長くなりますけど~」と言いながら、担当の整備士さんからは面倒くさいといった感じがありありと伝わってきました。

 

整備内容でよくわからない項目があって説明を求めると、電話口からため息が聞こえてきました。年配の整備士さんでしたが、顧客対応が苦手な感じで、これはだめだなと思いながらも諦めずに抵抗しました。

 

ワイパーゴム・エアコンフィルター・オイル交換などの消耗品関連は、車検の直前にネットで自分で買って交換したり、ジェームス(カー用品店)で交換してありました。

 

しかし、それらも交換すると言ってきたので、「それらは交換したばかりなんですけど、しっかり事前点検してますか?」と言ったところ、「じゃ、リストから外しときます」と軽くスルーされてしまいました。

 

車検の内容を確認しなかったら不必要なものまで交換されていたようで、この担当者は信用できないと疑心暗鬼になってしまい、他のことでも「それは交換しないと車検通りませんか?本当にいま必要ですか?」と聞く場面がありました。

 

しかし、この担当者は「だから~」と顧客対応では禁句の言葉まで出してしまって、<あなたは詳しくないんだからこっちの言うこと聞いときなさいよ>というような上から目線な物言いになってきました。

 

ダメ押しは、今更ゴタゴタ言われても困りますといった口調で、「もう車検整備は始まってますんで!」と言われ、この担当者と話すのは無駄だと思い電話を切りました。

 

実はこのディーラには以前も車検をやってもらっており、そのときは若い整備士さんが担当で、こちらの質問に対して絵を書いて整備方法の説明してくれるというようにとても親切でした。

 

残念ながら、同じディーラーだからと安心して、見積もり無しで車を預けてしまったのが失敗でした。

 

電話連絡の時点で、整備については交渉の余地はあったと思いますが(前出の通りいくつかのパーツ交換は除外させた)、この担当者と押し問答し続けるのは精神衛生上よくないという判断になりました。

 

1~2週間前に車を持ち込んで事前見積もりを取って、担当者がこのような対応をしていたら絶対に車検は頼まなかったはずです。

 

 

後日談ですが、他社ディーラーの知人から聞いた話では、私が車検の依頼をしたこのホンダディーラーは、店舗建替えをしてリニューアルオープンしたばかりのときで、上からプレッシャーがかかっていたのか、その頃から強引な営業をするようになってかなり評判を落としてしまったそうです。

 

 

 

事前の車検見積もりを取らなかったときの後悔(2)

 

次のケースは私にも非があるのですが、仕事が忙しくて車検のことをすっかり忘れていて、車検が切れる直前に、中古車販売店グループの車検センターで予約を入れてもらったことがあります。

 

電話連絡したとき、お店の方からは「時間がないので事前見積なしになりますがいいですか?」と言われたのですが、前回も利用していて、そのときは対応が丁寧で料金も安かったので、大丈夫ですと言ってお願いしました。

 

車検で車を持ち込んだ当日、最初の30分くらいで点検をして整備する内容(見積もり)を出してくれました。整備内容はそれほど変わっていなかったのに、前回より4~5万円ほど高い料金になっていて驚きました。

 

お店の方の説明では、整備工場をリニューアルしたり、数台ある代車をすべて新車に入替えたり、整備項目も増やすなどしてサービスをグレードアップしたため、以前より割高な料金に変わったそうでした。

 

巷では格安車検で大手がどんどん進出してきていて、普通にやっていたのでは敵わないので、付加価値を付けてちょっとした高級路線に方向転換したような感じでした。

 

別のお店を探すことも頭をよぎりましたが、車検切れ直前でお願いしたこともあって、今更キャンセルも言い出せずに、残念な気持ち満載でそこで車検をやってもらいました。

 

そのお店はディーラー並に対応や設備がしっかりしていて、車検は丁寧で料金も抑えられていたので、前回はいいお店を見つけたと思っていました。

 

まさか、路線変更をして大幅に料金を上げているとは想像もしていませんでした。このケースでも事前見積もりの大切さを感じました。

 

 

 

車検の見積もりを出してもらう利点

 

車検について、失敗談も含めてご案内させていただきました。

 

車のことはよく分からないのでディーラーにまかせているという方がいれば、できるだけ安くしたいので修理工場やガソリンスタンドに依頼しているという方もいると思います。

 

いずれのケースでも、予め車検の見積もりを取っておいた方が安心ではないかと思います。

 

 

車検の見積もりを出してもらう利点は、いくつかあります。

 

・事前にいくらかかるのか費用の詳細が分かる

・お店や担当者の対応が適切なのかを見極めることができる

・サービスや費用からお店を比べることができる

・来店してくれた見込み客として割引料金を提示してくれることがある

・整備内容を確認してパーツ交換の有無を事前に確認できる

・予算に合わせて修理やパーツ交換をどうするのか考える時間の余裕が持てるなど。

 

 

車検なんてどこでも似たようなものだから、予約して当日お店に車を持ち込んで、そこで言われる整備や修理をやるしかないと思っている人もいるかもしれませんが、いくつかお店を回ってみると選択肢は色々あることに気がつかれると思います。

 

車検のために、事前見積もりと実際の車検で、最低でも2回、それから、他のお店でも見積もりを取れば複数回、お店に出向くというのはとても面倒かもしれません。

 

しかし、それによって安くて丁寧なお店を見つけることができたり、予め予算を組んで計画的な車検を迎えることができることもあります。

 

 

車検では急な出費になったと嘆いている人が時々います。前出の通り、私もその一人でした。

 

車検は車検有効期限の1ヶ月前から受けられます。それに合わせて見積もりを取るために、さらに1ヶ月近く前から行動すれば、急な出費で困る前に計画的な出費になるように考える余地が出ると思います。

 

闇雲にお店巡りをしても疲れてしまうので、事前にネットで情報集めをして、2~3店舗に絞って事前見積もりをお願いしてみるのもよいかもしれません。

 

まずはホームページから連絡してみて、電話やメール連絡するだけでも、そのお店の対応の善し悪しがわかることがあります。

 

なお、車検の見積もりは書面でもらってください。金額や内容を聞いただけでは、当日になってそれとは違う料金が出されても、この前出してもらった車検見積もりと金額が違うという証明がありません。

 

見積もりの相違は、お店側の故意ではないとしても、当日になって料金アップになっていたらこちらの予定が狂ってしまうこともありますので気をつけてください。

 

 

車検の参考リンク

 

グーピット:車検やパーツの後付などをやってくれる整備工場を探すことができます。中古車情報Goonetの系列サイト。

 

楽天車検:郵便番号を入力するだけで、複数のブランド(オートバックス、Goo車検、コバック、ガソリンスタンド系など)から、近くの車検店舗をリストアップしてくれます。1日車検、コンピュータ診断、クレジットカードOKなど細かい検索もできます。

 

EPARK車検:車検の割引やクーポンがもえるサイト。ホームページから車検申込や無料見積もりが簡単に行なえます。

 

ホリデー車検:全国に270店舗ある車検のフランチャイズ。立ち会いで点検の説明をしてくれたり、1時間未満で終わる車検が評判です。ホームページから車検の予約が簡単に行えます。

 

カーセンサーの車検 :リクルートが運営するクルマ総合情報サイト。中古車選びでよく知られたサイトですが、近くの車検店舗を検索して見積もり依頼もできます。

 

ジェームス:トヨタ系列のカー用品店。カー用品の販売だけではなく、タイヤ・バッテリー・オイル交換などのカーメンテナンスのサービスも充実しています。車検ができる店舗もあります。

 


公開:2020年10月25日 / 更新:2020年10月31日 / カテゴリ:車の整備&車検