エコカーと気まぐれブログ > 日記 > さようなら民主党、さようなら高速道路無料化

さようなら民主党、さようなら高速道路無料化


前回の選挙では、民主党が歴史的な惨敗。難しい話は専門家さんに任せるとして、車で遠出するのが好きな人たちにとっては、高速道路無料化が実現しなかったのは、かなり残念だったでしょう・・・私もその一人!

 

狭い日本をさらに狭くしているのが、日本の混雑した道路と有料の高速道路だと常々思っていたので、高速道路無料化で少しは日本は広くなる(遠出がし易くなって、各地の人が行き来しやすくなる)と思ったものです。

 

昔アメリカで暮らしていたとき、ハイウェイは無料ですし、ガソリンは安かったので色々なところへ気軽に行けました。週末に1000kmほど走ることも珍しく無かったです。

 

東名高速では区間にもよりますが、100kmで2000円~の料金がかかるので、ガソリン代に加えてお金かかりすぎです。隣の市や県に行くだけでも考えてしまいます。  

 

 

 

高速道路無料化の前策として、高速料金が週末どれだけ走っても1000円というのがありました。このせいで週末や連休は、大渋滞ばかりって時期がありました。

 

途中で降りてまた高速に入ると料金がかかるので、渋滞でもそのまま我慢して走るしかないのでさらに渋滞。1000円で苦痛を味わうという企画?でした。

 

そんな中で、私は渋滞の最後尾にいたとき後ろから追突されました。連休初日、最悪です。。。

 

そのときお世話になった警察の方の話によると、高速道路の一律料金化のおかげで週末の事故が異常に増えたそうです。もうこんなの止めて欲しいと言っていました。

 

まさに中途半端なことをやるとこんな結果でしょう。

 

どうせ無料化というなら、高速道路を完全開放するか、一回いくらか払えばどこでも乗り降りできるようにしてくれれば、渋滞箇所は国道を走るなどして避けられるのにと思ったものです。そうなれば、アメリカのハイウェイみたいに使えるでしょう(アメリカは基本無料ですけど)。

 

 

 

高速道路無料化は実現しなかったですが、もし実現したとしても、ひとたび高速道路で大事故がおこれば、無料化のせいだ!とメディアに叩かれたと思うと、結局、どうやっても無理だったかもしれません。  

 

現在は、通勤割引、深夜割引、週末割引のように色々割引がありますが、根本的な料金改革して欲しいなと思います。

 

高速道路の維持にはお金がかかると思いますが、天下り団体に巨額の資金が流れていたりという歴史があるため、本当に必要な範囲で料金徴収ができないものかと思います。

 

自分の欲を言えばキリがないです。でも、震災による東北地方の高速道路無料措置は一部を除き終了しまったそうですが、東北地域の高速道路だけでいいので無料開放して欲しいです。

 

 

 


公開日:2012年12月25日 / 更新日:2016年12月4日 / カテゴリ:日記