エコカーと気まぐれブログ > インサイト > インサイトの燃費がよくないです。

インサイトの燃費がよくないです。


先日、友人の知人がインサイトに乗っているけれど燃費が全然良くないということで、どうすれば燃費が良くなるのかと話を聞かれました。

 

話すより車に乗った方が早いでしょう、ということで助手席に乗ってもらいました。 いつもどおりに運転していましたが、その人は「こんなに加速させるんですか?」とちょっとびっくりしていました。

 

特にスピード出しているわけではないんですが、停止から制限速度(たとえば時速40km)までの加速はきっちりして、後はそのスピードをキープして走るくらいのイメージで運転していただけです。

 

モーターアシストが入ると加速がスムースで、一般の車より加速が軽~い印象がします。

 

 

 

ハイブリッドというとゆっくり加速して、その後もゆっくり安定して走らないと燃費が良くならないと思っている方が多いかもしれません。

 

でも、現行のホンダ・ハイブリッドは、ゆっくり走るだけでは燃費は期待したほど良くならないかもしれないです。

 

車で燃料を特に使うのが加速するときだと思います。エンジン回転数がぐ~んと上がって加速するときに燃料を余計に消費するので、モーターでエンジンをアシストしてあげる方法が燃費を良くする一つの方法だと思っています。

 

そこで、加速時には少しアクセルを踏み込んでモーターアシストが起動するようにします。

 

 

 

プリウスのようにスタート時に自動的にモーターで走るシステムではないので、モーターアシストが起動するようにちょっとアクセルを踏んでてこ入れをしてあげるイメージです。

 

坂道や高速でも同じ要領です。そして、必要の無いときには頻繁にアクセルオフにして、燃料セーブ&IMAバッテリー充電をします。

 

インサイトには、アクセルの操作などからエコドライブ度を判断して、スピードメーターの背景色が変化する「アンビエントメーター」というものがあります。

 

スピードメーターの背景がグリーンだと燃費が良い、ブルーだと燃費が悪いというように色が変わります。

 

ちょっとアクセルを踏み込むとブルーに変わってしまうので、あっ燃費が悪くなる!と急いでアクセルオフして流れに乗れない中途半端な運転をしていると燃費悪いかもしれないです。

 

アンビエントメーターは分かりやすくて良いのですが、これにとらわれすぎてグリーンで走っているのがエコなんだと思っていると、すごくだらだらとした走りになってしまって、モーターを頻繁に使った燃費の良い運転ができないかもしれません。

 

 

 

ハイブリッド車の運転ですごく迷惑なのが、加速はゆっくりで、信号が赤だとかなり手前からアクセスオフして止まりそうな速度でゆっくり停止するまで走るような運転です。

 

ハイブリッド車以外には、すごくイライラする運転です。ハイブリッドの特性を知らなかった頃、急に前の車が中途半端な減速をするので故障したのかと思いました。

 

信号で止まってナビの設定をしたいとか、携帯メールを少しチェックしたいとか、信号で止まって何かしたいと思っている方は意外と多いと思いますが、信号手前でのろのろ運転されるとそれが出来ないです。

 

普通の車にとっては、信号手前でのろのろ運転しても別に燃費が良くなるわけではないですので、ハイブリッド車とはいえ周りに迷惑をかけないでエコ運転を心がけたいです。

 

 

 

インサイトに関しては、特に面倒なことを考えなくても、普通に運転していれば、良い燃費が出せる車だと思います。アンビエントメーターを気にしすぎたり、単にのろのろ運転しただけでは良い燃費は期待できないかもしれないですけど。

 

普通の運転というのが人によって異なるので一概には言えないのですが、急加速や急減速というように助手席に乗っている人が不快に思ったりするような運転は論外として、スムースな運転であれば燃費も自然と良くなると思います。

 

 

 


公開日:2013年3月26日 / 更新日:2016年12月4日 / カテゴリ:インサイト