エコカーと気まぐれブログ > インサイト > ホンダが大幅改良した新型HVを投入予定

ホンダが大幅改良した新型HVを投入予定


ホンダは、2013年夏に新型車(「フィットHV」の次期モデル)を発売予定で、こちらには新しいハイブリッドシステムを導入するそうです。

 

新しいハイブリッドシステムでは色々な改善がなされるわけですが、ここで現行のハイブリッドの問題がよく分かります。

 

今のホンダ・ハイブリッドシステムはエンジンに補助動力としてモーターがくっついている状態なので、モーターだけでは走れません。これは当初から指摘されていますが、安く作るためによいアイディアだったように思います。

 

 

 

発売当時、この方式ならば低予算で色々な車に簡単にハイブリッドシステムを追加できるとホンダは言っていたと思うんですが・・・ 新しいシステムでは、エンジンとモーターの間に省エネ型の変速機を設置して、モーターだけでも走れるようにするそうです。

 

やっぱり補助モーター方式ではだめだったんですかね。システム的なことは複雑でしょうから一概に比べられないのかもしれませんが、トヨタと比べると一手遅れている感が否めません。

 

ただ、トヨタの「アクア」より燃費と価格で優位に立つそうで、大きな改善といえるのでしょう。

 

 

 

インサイトを当初乗り始めたとき、アクセルを離すと強いエンジンブレーキがかかったようにスピードが落ちることに戸惑いました。

 

坂道ではいいんですが、平坦な道で勝手にエンブレがかかってしまうと、正直、何か壊れた?と思ったものです。昔、走っている途中でトランスミッションが壊れたことがあって、意図せず減速してそのうちに車が止まってことを思い出しました。

 

減速時のエンジンブレーキのような働きは、動力をエネルギーに変えて効率的に充電していると思っていたのですが、実際にはモーターがエンジンとセットになっているため、充電はしているんですが、無用なエンジンブレーキとしてエネルギーがかなりロスしているようです。

 

でも、新しいシステムでは、エンジンとモーターはクラッチを介して接続するので、この問題が改善されるようです。 実際、モーターだけで走ったり、減速時の電気エネルギーを効率的に回収するため、現行モデルより3割以上すぐれた燃費を実現するらしいです。

 

 

 

トランスミッションは、7段のデュアル・クラッチを採用するそうです。ギアを使うのでベルト式の無段変速(CVT)とは異なり、きびきびした走りが可能で、動力をタイヤに伝達する際のロスが少なくらしいです。

 

ホンダのCVTに不満を持っている方は結構いると思うんですが、そこが改善されるわけですね。  

 

今乗っているインサイトの不満としては、一定走行時では問題ないのですが、低速からの加速で、モーターアシストの切り替えがうまくいかないのか、初心者がマニュアル車でクラッチを繋ぎそこなったようにガクガクってなることが時々あります(慣れればそれを避けるように運転できますが・・・気を使う必要があります)。

 

通常走行の加速では、意図しないところでモーターアシストが介入してくると、それまでまったり加速していたのが、急にぐお~んと加速がよくなってびっくりすることがあります。

 

残充電量が少ないとモーターアシストは加速のお手伝いをしてくれませんので、加速が重いのでアクセルを余計踏んでしまいます。

 

充電が貯まってくると急にモーターアシストが稼動し始めて車が軽くなると言うか、加速がよくなります。そのタイミングが突発的に感じることがあります。

 

これはこれで面白いんですが、やはり急加速は危険でもあります。ニュースでインサイトが急加速して事故ったという話を聞いて、ひょっとしたらこれが原因ではないかと思ったほどです。

 

 

 

減速時で怖いのが、モーターアシストかアイドリングストップの影響かわかりませんが、急にスコーンとギアが抜けたようになって(勝手にギアをニュートラルに入れられたような感覚で)、あと少しで止まりそうというときに減速感がなくなって、す~と進んで前の車にぶつかりそうになることがあります。

 

これも慣れれば、車間距離や減速度合い、ブレーキの踏み具合を気をつければ済むんですが・・・・それでも心配なところで、私の親とか年配者がインサイトを運転するのはどうかなと疑問に思っています。

 

この点は、買った当初、ホンダディーラーでも聞いたのですが、「現在、そういった問題は聞いていません」と一蹴されてしまいました。

 

残念ながら、メカニックの方を乗せて走ったときにも問題の症状を再現できなかったんです。

 

 

 

こういった気になる点はすでに後継車で改善されているのかもしれませんが(新しいインサイトには乗ったことが無いので不明)、2013年に登場する新しいハイブリッド車の解説を読むと総じて改善されそうな気がします。  

 

車は常に進化していますから、問題点をどんどん改善したり、新しいアイディアで素晴らしい車が出来上がっていくのでしょうね。私の乗っているインサイトは2009年のものですから、もうじき古い世代のハイブリッド車になるのかもしれません。

 

まだまだハイブリッドシステムは開発途中で、個人的には少し買うのが早かった感じがしますが、いずれ、「昔のハイブリッド車はね・・・」と語れることになるでしょう。

 

 


公開日:2012年11月13日 / 更新日:2016年4月16日 / カテゴリ:インサイト