エコカーと気まぐれブログ > ハイブリッド車 > 中古ハイブリッド車は買いか?

中古ハイブリッド車は買いか?


2013年辺りから、ハイブリッドの中古車が増えてきて、価格的にも買いやすい感じがしてきたように思います。

 

巷でも、インサイト、プリウス、アクア、フィットなどに乗っている人が本当に増えてきたなあと感じます。

 

私の周りではプリウスが圧倒的に多かったのですが、インサイトもすごく増えてきました。

 

インサイトが少なかったので買ったのですが、数が増えるとちょっと微妙です。

 

 

 

 

中古でハイブリッド車を選ぶのであれば、まだ比較的新しい中古車であれば買ってもいいかもしれません。

 

中古車販売店でも、2013年辺りから「ハイブリッド中古車元年」といったりして、力を入れ始めたように感じます。

 

新車にしても、どのメーカーもハイブリッド車を出して競い合っている時代ですから、中古車市場でも盛り上がってくるのは当然でしょう。

 

 

 

ハイブリッドという特性ゆえに、中古車を買うときの不安要素になるのは、ハイブリッドシステムのパワー源であるモーター用バッテリーがいつまでもつのか?といったことが上げられる思います。

 

ハイブリッド用バッテリーは高価なため、交換費用が10~20万円、時にはそれ以上というように色々な話が出ています(リビルトも含め、年々安くなっているようでその辺りは進化がうかがえます)。

 

ホンダでもトヨタでも、15万~20万キロの走行に耐えうるテストをしているそうなので、ヘビーユーザーを除いて普通に乗る分にはそれほど心配する問題ではないと個人的には思っています。

 

今時の車で5万キロ程度乗ったくらいで基幹システムが故障なんて、そうそうあることではないと思います。

 

でも、乗り方にもよりますし、リコールがあったりするので絶対とはいえません。中には、アンラッキーなケースもあるでしょう。

 

 

 

私は10万キロくらいは乗るつもりでインサイトを買いました。まだ目標の半分くらいしか乗ってませんけど、今のところハイブリッドシステムも含め大きな問題は出ていません。燃費もすごくいいです。    

 

万が一のケースですが、ホンダやトヨタのハイブリッド用バッテリーは初年度登録から5年または10万キロまで保証されるようです。

 

トヨタではU-Carで中古車を買うときには「T-Valueハイブリッド保証」というのがあって、初度登録ら10年間または20万kmまでハイブリッドシステムに関する保証をしてくれます(執筆現在)。

 

こういった保証の面も考慮して、ハイブリッド車の中古車選びをした方がよいでしょう。

 

 

 

どの車を買うときにも同様ですが、できれば走行距離が少ないものがいいと思います。  

 

ハイブリッドシステムに限らず、走行距離が多くなれば他のパーツだって耐久性が落ちてきます。電気系統やエンジンパーツ、タイヤやブレーキなどキリがありません。修理に5万円、10万円なんて次々と払っていると安く買った意味がありません。

 

ハイブリッド車は燃費がいいことから走りすぎてしまって走行距離が多くなったり、営業車でヘビーに使われていたりするので、その辺りも注意したいところでしょう。

 

 

 

ハイブリッド車が出始めた頃や震災の後と違って、今は環境意識の高さからハイブリッド車を買う人は減っているかもしれません。

 

どちらかといえば、ガソリン代が節約できるお得な車というイメージが強くなっているような気がします。

 

そういった観点からいえば、街乗りだけで遠出はあまりしないという場合は、今のハイブリッドシステムでは期待通りの燃費は出ないかもしれません。

 

少なくともガソリン車とハイブリッド車の価格差(30万円前後)を埋めるガソリン代の節約にはならない可能性があると思います。中古であれば、この価格差が縮まる傾向にありますので微妙な判断になるでしょう。

 

ストップ&ゴーや渋滞が多い道路では充電が十分にできないので、モーター走行でガソリンを節約する走りができず燃費も伸びないと思います。

 

使用環境によってハイブリッド車のよさが出せない場合は、ハイブリッドシステムに余計なお金を出すより、その分を節約するか、または、グレードが少し高い安全設備等が充実した車を買ったほうがいいかもしれません。  

 


公開日:2014年1月7日 / 更新日:2018年12月23日 / カテゴリ:ハイブリッド車