エコカーと気まぐれブログ > 日記 > JAFに入っていますか?

JAFに入っていますか?


JAFは車の故障があったときに駆けつけてくれるロードサービスを提供しています。 車好きならご存知の方、お世話になった方も多いでしょう。

 

JAFの出動が多いケースでは、夏のバッテリー上がり、パンク、冬の雪道でのスタックや落輪などがあげられると思います。

 

ディーラーで新車の見積もり出してもらう時には、JAFの会費が含まれていることがよくあります。

 

 

 

以前はJAFの会員だったのですが、自動車保険会社のロードサービスが充実してきて、JAFとかぶる部分が多くなったので、今では自動車保険についてくるロードサービスだけで十分だと思っています。

 

ロードサービスの手配では、現場での修理、提携の修理工場へのレッカー移動、代わりの交通手段などを、まとめて保険会社に依頼・相談できるので便利です。

 

修理費用はもちろんのこと、車の故障による宿泊費や交通費も負担してくれる保険も多いと思います。単なるロードサービスだけではないので、別の意味でJAFより充実しているとも言えるのではないでしょうか。

 

一昔前は出かけ先で車のトラブルにあっている方のお手伝いをすると、ロードサービスに加入していない確率が高かったです。

 

特にスキー場に行く際には、バッテリー上がりや雪道でスタックして動けなくなっているようなケースが結構あり、そこからJAFや民間のレッカー車を呼んだりすれば結構な出費になっていました。

 

現在は、ロードサービスが自動車保険に含まれているケースが多いので、JAFに入っていなくてもそれほど困らないのではないでしょうか。

 

自動車保険会社が契約している民間のロードサービスは、地域でサービスの質に差があるかもしれませんので一概には言えないですが、とりあえず費用を含めて保険会社に任せられるという一定の安心感はあると思います。

 

何らかの事情で車が動かなくなるケースでは少々パニクってしまう人もいると思います。自動車保険にロードサービスが含まれていることを知らない人、または忘れている人もいますので、困っている人がいたら、「JAFを呼ぶ前に保険会社に連絡してみたら?」と聞くようにしています。

 

 

 

JAFで思い出すのが、以前、スバルのディーラーで車を買おうとしたとき、JAFの加入を勧められて、それがきっかけで購入をやめてしまったことがありました。

 

私は、買う気満々でディーラーに行って、まずは、見積もりを出してもらいました。 その際、JAF入会費が勝手に加算されていて、「保険会社のロードサービスに入っているのでJAFはいらないです」といったところ、延々、JAFの素晴らしさを語ったセールトークされました。

 

あなた誰? ディーラーの人じゃなくて、JAFの勧誘やっている人って感じです。

 

「JAFの入会に来たんじゃなくて、車を買いに来たんです!」と私は言っているのに、JAF入会費を見積もりに入れる入れないで1時間近く押し問答です。

 

車の代金は300万円位ですよ。JAFなんてどうでもいいじゃないですか。車さえ売れれば。。。 と思ったんですが、担当者は、これだけの金額払うのに、なんでJAFの数千円ケチるみたいな感じだったのかもしれません。

 

 

 

最終的には、担当者が「わかりました。うちで費用を負担しますので1年間だけ加入していただけますか?その後は解約していただいて結構です。」と言ってきました。

 

この車を買う!という大きな決断をして来ていたし、根負けしてきたこともあって、「そちらで費用負担してくれるなら、入ってもいいです。」となったのですが、見積もりを見てまたびっくり。

 

確か、合計で6000円ほどだったと思うのですが、それが4000円になっていただけでした。

 

「費用はそちらで負担するって言ったじゃないですか?」と私が言うと、担当者は「いえ、全部はできないので、入会金の2000円だけうちで負担しますので、年会費はお客様で負担してください」って・・・ この担当者はだめだっと思って、契約用に持っていた印鑑を握り締めて帰りました。

 

車を買えば暫くの間お世話になる担当者&ディーラーが、客の話を聞かないようでは、とても信頼して買えないと思いました。

 

後から思えば、担当者を変えてもらったり、店長などと話をしてもよかったんですが、新しい車を買う!というワクワクな楽しい日を台無しにされて、心の余裕がなかったです。

 

 

 

それにしても、ノルマがあったんでしょうか? 地域差もあるのかもしれませんが、私の体験ではディーラーに行って見積もりを出してもらうと、多くのケースでJAF入会費が勝手に入れられています。

 

車がトラブルになったときに、何でもディーラー頼みにしてしまうお客さんがいるらしく、そういった事態を避けるためにJAFに入ってもらっているという話を聞いたことがあります。それでも、客がいらないと言えば、大概、すぐに見積もりから外してくれます。

 

でも、例のディーラーはしつこかったです。 もし、JAFが自動車メーカーやディーラーに一定数の入会を押し付けていたり、報奨金やロイヤリティーを支払っていて、結果、こういった強引な勧誘を促すことになっているのであれば、JAFはその販促を止めて欲しいですね。

 

JAFのロードサービスはすばらしいと思います。実際、保険会社でロードサービスが提供されるようになっても、JAFの会員は減っていないという話を聞いたことがあります。

 

ただ、前出のようなことを体験してしまうと、本当に人気があるのか、それとも、ディーラーでの強引な勧誘が会員数を維持することになっているかもしれないと懐疑的になってしまいます。

 

契約している自動車保険に、ロードサービスが含まれていなかったり、サポート内容が充実していない場合は、JAFに入っていた方がいいです。しかし、JAFのプロモーションや勧誘方法などは、もう少し考えて欲しいものだと思います。

 


公開日:2013年7月31日 / 更新日:2020年1月7日 / カテゴリ:日記