エコカーと気まぐれブログ > フィット > やっぱりきた、アクアが燃費世界一に返り咲き

やっぱりきた、アクアが燃費世界一に返り咲き


2013年9月にフィットが燃費世界一を達成したのに、約3ヶ月天下。早くもアクアがフィットの燃費を超えてきました。

 

コンパクトクラスで世界一の燃費を出した車でも書きましたが、追い越されるのが早かったですね。

 

でも、トヨタの燃費数値は実燃費からかけ離れていることが多いとも言われるのでどうかなと思いますけど、「やっぱりトヨタだね」みたいになるのでしょう。

 

 

~トヨタのHV「アクア」が燃費世界一を奪還~産経ニュースより(2013.11.26)~

 

トヨタ自動車は26日、主力の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」の燃費をガソリン1リットル当たり37.0キロまで高め、12月2日に発売すると発表した。9月に発売したホンダの新型HV「フィット」(36.4キロ)から燃費効率世界一を奪還し、車名別の国内新車販売台数でも首位の座を取り戻したい考えだ。 ~抜粋ここまで~

 

 

 

フィットには居住性の広さとかホンダらしい扱いやすさなどもあるので、燃費が少し抜かれたといってもまだまだいけるかなと思います。

 

インサイトで販売戦略を失敗して、ハイブリッド車ではトヨタに大きく後れを取ったホンダですが、2013年のフィットを皮切りに新しいハイブリッド車種を次々を投入していくようなので楽しみです。  

 

各社でハイブリッド車が投入されていますが、ハイブリッド車と普通車では価格に開きがあり、燃費が良くてもなかなかその元を取れない現実があります。

 

燃費競争も大切でしょうが、ハイブリッドエンジンがもっとお手ごろ価格にならないのかなと贅沢な期待をしてしまいます。

 

 

2013年 世界一低燃費 トヨタ・アクアCM

 

 

 

 


公開日:2013年11月27日 / 更新日:2017年4月1日 / カテゴリ:フィット