エコカーと気まぐれブログ > やけど(火傷) > 火傷の治療法がネットで氾濫していますが・・・

火傷の治療法がネットで氾濫していますが・・・


ヤケドの治療法がネットで色々紹介されています。 私も痛みがひどかったので、医師の治療法は適切なのだろうかと思って、ネットで情報を探しました。

 

参考になる意見もありましたが、そうでないものも結構ありました。  

 

医者に行きたくないとか、時間的な都合や交通手段とか色々理由はあると思うのですが、自分で処置しようとする方が結構いるようです。

 

軽い火傷であれば、おばあちゃん直伝の民間療法でもいいのかもしれませんが、もっと症状が重いケースなのに、Yahoo知恵袋とかで聞いたりして、素人どおしで意見を交換していて、大丈夫なのかなと心配になりました。

 

 

 

自分が火傷を負ったようなケースでは、自分が試した治療法がベストだ!というように紹介されているものがあって、医者不信から病院などでの治療を否定しているようなブログやホームページもありました。

 

こういった自画自賛的ホームページに限って、ものすごい力の入れようで、情報が充実していることがあるんです。効果の程は全くわかりませんが、これだけ力説されると、信じてしまう人もいるのかなと。。。

 

我流の方法でも治るのかもしれませんが、自分の症状に合わないで誤った治療方法を信用してしまったら大変じゃないかと思いました。

 

医療はケース・バイ・ケースで、火傷といっても、火傷箇所や重度が異なったり、対象となる年齢によっても処置が異なると思います。    

 

 

このサイトでは、ヤケドに関して簡単な体験談を綴っていますが、この治療法方がお勧めですといったお話はするつもりはありません。あえていうなら、「医師の指示に従ってください」というくらいでしょう。

 

同じように火傷をしている方がいらして、治療の経緯などを読んでくださっているのであれば、こういった治療方法や薬を使っている人がいるんだと参考程度で読んでいただければ幸いです。    

 

色々な意見を参考程度に読むことはいいですが、まずは医者に行って欲しいと思います。

 

ネットで見ていると医師不信の意見が多いようですが、かかりつけの医師が信じられないのであれば、別の病院でセカンド・オピニンオンを求めたり、そちらで治療してもらう方がいいと思います。    

 

 

 


公開日:2013年2月25日 / 更新日:2016年12月4日 / カテゴリ:やけど(火傷)