エコカーと気まぐれブログ > ホンダ > Honda Total Careの入会

Honda Total Careの入会


前回、エアバックの修理でホンダディーラーに行ったとき、待っている間にHonda Total Careの入会を勧められました。

 

自動車保険のロードサービスとかぶるような内容なので、私は余り興味がなかったのですが、「無料なのでぜひ」と何度も言われて、車預けているとむげに断れないところがあって加入することにしました。

 

 

ホンダトータル

 

 

Honda Total Careには、事故や故障などのトラブルに24時間、電話でサポートしてくれるサービスがあります。無料と有料のサービスがあり、有料の方はJAFロードサービスに入会して年会費を支払う必要があります。

 

車に詳しくない方にとっては、わざわざロードサービスを呼ばなくても、電話で聞くだけで問題が解決することがあるかもしれません。

 

ホンダ車であれば、クルマの使い方からカーナビの操作方法までサポートしてくれるそうです。ディーラー営業マンの仕事を軽減してくれるようなサービスに感じました。

 

私の知人で、車のことで何かあればすぐにディーラーの担当者に電話している人がいるのですが、正直、迷惑だろうなと思います。そういった人たちがこのサービスに加入すれば、営業マンも少し楽になれるかもしれません。

 

Honda Total Careでは、会員専用のアプリが提供されています。ドライププランからルート探索ができたり、車のトラブルガイドで車の不調の原因を調べたり、メインテナンスの予約ができたりもします。

 

お客さんのためのサービスという建前ではありますが、お客さんから何かと連絡されることの多い現場の営業マンやサービススタッフの手間を減らすというwin-winなシステムのようにも思えます。

 

 

Honda Total Careに関する案内動画

 

 

Honda Total Careには、無料搬送がサービスもあります。最初、これがすごくお得なサービスだと思ったのですが、小さい文字を読んだら、近くのHonda Carsまで運んで、そこで車を修理することが条件になっていました。

 

事故や故障で動かなくなった車限定ですが、JAFや自動車保険で提供されるロードサービスなどに加入していない人にとっては、こういった無料搬送サービスがあると助かることがあるかもしれません。

 

ただ、修理に関しては、ホンダディーラーが一番安心という人がいる一方、わざわざディーラーで高いお金を出して修理をしなくてもよいと考えている人には、民間の修理工場の方がいいというケースもあるでしょう。

 

近年はロードサービスが充実した自動車保険が多いので、私もそうですが、別に必要ないかなと思ってしまう一面があります。

 

 

加入する際に、保険会社とも連携するサービスなので、契約してる自動車保険の契約書を見せて欲しいと言われました。

 

保険会社と連携といっても、ロードサービスの有無や修理費用の請求に関してくらいだと思うのですが、契約書を見せて欲しいというのは、少々面倒な雰囲気を感じました。

 

どうしてもこういった場面では個人情報が絡んでくるので、後から自動車保険を切替えませんか的な電話があったり、DMが送られてくるのではないかと警戒してしまうのです。

 

スタッフの方に自動車保険証の控えが車の中にあるか聞かれて、あると言ったら、席を外して10分ぐらい後に戻ってきて、保険証確認させていただきましたと言われました。私の車の中にある保険証を出してきて、勝手に端末に入力していたようです。

 

こちらとしては、保険証は車の中にあるとは言ったけど、勝手に取り出して見ていいと許可したわけではなく、とはいえ、明確に拒否したわけでもなく・・・話の流れから許可したことになるのか?と言葉のやり取りの難しさを感じました(笑)。

 

ご年配のお客さんが多いお店のようで、お客さんの手を煩わせずに自分たちで進んでやるといった接客姿勢のようですが、ちょっと私にはなじめませんでした。

 

 

話がずれましたが、Honda Total Careは、基本無料なので、入っていてもいいかなという感じでした(オプションのJAFに加入するときは有料)。入会した後に、保険の勧誘や新車のセールスがくるわけでもなく、面倒なことは今のところありません。

 

周りに車に詳しい人がいなくて、ライトが点灯しないとか、ナビの使い方がわからないといった問題があれば、Honda Total Careに連絡してアドバイスをもらえるいうのは便利だと思います。

 

いざというときのオプションはいくつかあった方が安心と思えれば、Honda Total Careも選択の一つと考えてもいいかもしれません。

 


公開日:2018年4月7日 / 更新日:2018年9月1日 / カテゴリ:ホンダ