エアコン購入
エコカーと気まぐれブログ > 日記 > 4万円位で買えるプラズマクラスター搭載のシャープ・エアコン

4万円位で買えるプラズマクラスター搭載のシャープ・エアコン

今年(2022年)は、5月から気温が30度になる地域もあって早くも真夏日が出始めました。急に暑くなって、夏本番前にエアコンがどんどん売れ出したそうです。

 

年々、暑さが厳しくなっている気がするので、夏に入る前に古くなったエアコンを買い替えることにしました。

 

購入したのはプラズマクラスターで知られるシャープのエアコンです。

 

こちらでは、エアコンの購入過程、比較したエアコン、使ってみた感想、そして、安いエアコンの購入先や購入時期などについてご案内したいと思います。

 

 

半導体不足でエアコンが品切れ&値上げになる?

 

2022年に入って、半導体不足・海外のロックダウン・物流の遅れなどが影響して、様々な家電製品の製造や入荷が遅れているといったニュースが頻繁に報道されています。

 

半導体不足の影響で、給湯器が壊れてしまったけど在庫がなくて替えられないというようなニュースもありました。冬場に給湯器がないというのはかなり厳しい話でしょう。

 

エアコンについても、夏にかけて在庫不足が懸念されているというニュースが出始めています。人気のある最新エアコンは在庫不足が生じるかもしれませんが、エアコンはピンキリで種類が豊富ですから、贅沢を言わなければ買える機種はあるのでは?と思います。

 

ただ、様々なものが値上げラッシュになっていることから、エアコンにもその影響が出るかもしれないという思いから、夏本番前に買うことにしました。

 

異常気象で極端に暑くなることが増えてきて、エアコンの取付けや修理が多くなる可能性があるのではないか、という心配もありました。

 

エアコンの在庫があったとしても、取付けができなければ意味がありません。

 

以前、夏にエアコンが故障したとき、家電量販店や電気業者さんに聞いたところ、エアコン取付工事は2~3週間待ちのようなことがありました。取付工事を待っているうちに夏が終わるよ(涙)と思った苦い記憶があります。

 

 

 

楽天市場のXPRICEでエアコンを購入

 

エアコンの購入先と言えば、家電量販店が定番かもしれませんが、人混みに行きたくなかったのでネットで購入することにしました。

 

当初はアマゾンでの購入を考えていましたが、希望の機種がなかったり、エアコンを売っている販売店(アマゾンに出品しているお店)のレビューがあまりよくなかったので諦めました。

 

その後、XPRICE(本店)で購入するつもりだったのですが、楽天カードで決済するときにエラーが出て買えませんでした。

 

カード決済の話は長くなるので割愛しますが、クレジットカード不正利用防止の対策で、初めて利用するお店で高額決済をしようとするとカード決済が拒否されてしまうことがあります。

 

楽天カードに連絡をして利用制限を解除してもらったのですが、チャットで担当者と話をするのに待ち時間も含めて1時間ほどかかって疲れてしまいました。結局、XPRICEは楽天市場に支店があったのでそちらで購入しました。

 

楽天市場はよく使っていますし、さすがに楽天市場で楽天カードが使えないことはないだろうということで、面倒を避けるためにそちらを選びました。

 

XPRICE本店と楽天市場支店での違いは価格です。楽天市場ではポイントがたくさん付くようになっていて、本店より値段が高く設定されていました。楽天ポイントで戻ってくると考えればそれほど損ではないので良しとしました。

 

 

 

SHARP エアコン  AY-N22DH-Wを購入

 

購入したのは、シャープ エアコン プラズマクラスター7000  AY-N22DH-Wです。4万円くらいで買える6畳用のエアコンです。

 

私が検討していた2022年4月ごろに、39,800円で買えるモデルがいくつかあり、その中の一つでした。

 

書斎で一人で使うのでシンプルなもので十分で、価格と機能ともに満足な機種でした。

 

 

 

 

 

プラズマクラスターの効果が色々宣伝されていますが、限られたスペースで専用機器で行った研究や実験などによるもので、市販のエアコンで同じ効果が出るというものではないそうです。

 

それでも、プラズマクラスターイオンが冷房・暖房・送風で気流に乗って部屋に広まるというのはなんとも爽快な感じで、イメージ戦略に負けました^^; ちなみに、家には4台のエアコンがありますが、そのうち2台がシャープです。

 

 

 

上記の動画では、プラズマクラスターのオプション機能がいくつか説明されていますが、今回購入したAY-N22DH-Wはベーシックなものなので、プラズマクラスター送風しかありません。冷暖房を入れると、プラズマクラスターも自動オンになります。

 

 

 

SHARP エアコン  AY-N22DH-Wの使い心地

 

シャープエアコン AY-N22DH-Wは、冷房・暖房・除湿・内部洗浄・タイマー(入タイマー/おやすみタイマー)・風量(自動・急速から微弱まで4段階)・風向き(上下風向スイング)といった基本機能はそなえているので十分だと思いました。

 

冷房・暖房・除湿のボタンを押せば、設定した温度になるように自動で稼働します。

 

風向きは、暖房は下向き、冷房は水平から少し下あたりで自動に向きが固定されますが、上下風向スイング機能を使えば自動で上下に送風されます。

 

左右の風向きは自動ではなくルーバーを手動で動かしますが、一度固定してしまえばそのままで不便は感じません。

 

真冬や真夏に使用していないので、本当の実力はまだ分かりませんが、暖房も冷房もそれなりにしっかり機能していると思います。

 

エアコンの大きさは普通で、部屋のサイズや天井の高さにもよりますが、圧迫感はなく使えています。

 

室外機の音は普通です。今のところ、特にうるさいとは感じません。

 

タイマーは少し使いにくく、入タイマーと停止タイマーを組み合わせて設定できません。たとえば、夜はおやすみタイマーをセットして、朝には冷暖房を自動オンにしたいというような設定ができません。

 

おやすみタイマーについては、冷やし過ぎや暖めすぎを抑えて徐々に温度を調節する(冷房は1~3度高く、暖房は1~3度低くする)機能があります。

 

シャープのエアコンの特徴であるプラズマクラスターは、マイナスのイオンで空気を浄化してくれるもので、除菌・消臭・静電気抑制といった機能もあります。

 

プラズマクラスターは、冷房・暖房・除湿のとき自動でオンになります(オフにもできます)。冷暖房を使わないときでも、送風のような形で単独で使えます。

 

カビ菌や浮遊ウイルスを抑えるそうですが目に見えないですし、マイナスイオンでイライラが減ったり集中力がアップするという話もありますが、いずれも今のところ効果は不明です。マイナスイオンが飛んでいるイメージで、リフレッシュするような気持ちでいます(笑)

 

臭いを分解して消臭する機能については、部屋の環境にもよるので一概に言えませんが、それほど効果は感じられません(消臭に時間がかかるのかもしれません)。必要であれば、消臭剤や消臭ビーズなどを置いて空気循環させた方が早いかなと思います。

 

人気のあるプラズマクラスター搭載のシャープ空気清浄機には、脱臭フィルターやHEPAフィルターが付いているのですが、シャープエアコン-AY-N22DH-Wは風を送るだけなので効果が低いのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

エアコン本体だけを購入して取付けは専門業者さんに依頼

 

今回、エアコン本体と設置工事セットという形では購入せず、本体だけまず購入しました。

 

XPRICE楽天市場支店の発送は、日時指定をしなければ、翌日配達も可能で早い対応でした。※混雑時はこの限りではありません。

 

下の写真はエアコンが送られてきたときのものです。

 

ネットの購入では、配達中に壊れないか?というのは一つの心配事でしたが大丈夫でした。

 

SHARP エアコン  AY-N22DH-W

 

エアコンの室内機は、発泡スチロールのケースでしっかり梱包されていました。

 

室外機は上下だけを発泡スチロール板で挟むような簡易包装で、見たときは不安を感じましたが、傷や凹みはなさそうでした。

 

室外機は外で稼働するものなので、細かい傷があっても特に目くじらを立てるほどではありませんが。。。

 

玄関から近くの部屋へ移動することは一人でなんとかできる重さでしたが、2階へ設置するような場合は、移動は取付け業者さんに任せた方がいいでしょうね。

 

SHARP エアコン  AY-N22DH-W

 

自分の日程の都合もあって、すぐに取付工事の依頼ができず、1週間以上、この状態で保管していました。

 

手元に新しいエアコンがあるというだけで、今使っているエアコンが故障しても、慌ててお店に走らなくてもよいという変な安心感がありました。

 

 

 

エアコンは単体で買う?それとも工事費込みで買う?

 

前出の通り、エアコンは本体だけを購入して、取付工事については、くらしのマーケットから地元の専門業者さんを探して依頼しました。

 

くらしのマーケットではチャット形式で業者さんに直接相談できるので、エアコン設置箇所や配線経路などの写真を数枚送って、正確な見積もり出してもらった上(後からの追加請求なし)で依頼しました。

 

エアコンを注文する際には、単体で購入するか、取付工事費が含まれたセット料金で買うかで迷うことがあるかもしれません。

 

すでにエアコンが設置してあって、入れ替えで新しいエアコンを購入するのであれば、セット料金になっている方がお得に感じることがあります。

 

しかし、エアコンと取付工事費のセット価格では、工事費はあくまで基本料金であって、業者さんに追加料金を払うのは珍しくありません。しかも追加工事の基準は業者さん次第で、予定外の現金払いが生じます(涙)

 

たとえば、エアコンの配管が規定(3~4m)より少し長くなるだけでプラス3000円~というように追加費用がかかることがあります。

 

他には、コンセントの交換は2000円~、はしごを使用する工事はプラス5000円~というように様々あります。現場確認と見積もりのために、工事前に家に来るだけで3000円~という業者さんもいます。

 

工事費がセット料金になっていると、マナーの悪い怪しい業者さんが来ても断るのは難しいです。追加費用が発生しても、よほど理不尽なことがない限り、支払うしか無いでしょう。

 

信頼できる電気店や家電量販店での購入であれば安心かもしれませんが、ネット注文でどこからどんな工事業者さんがくるのか分からないようなケースでは、取付工事費がセットになった注文は避けた方が無難かもしれません。

 

くらしのマーケットミツモアのように、エアコン取付の専門業者さんを探す&見積もりが取れるサイトがありますので、ネットでエアコンを買う前に、取付け業者さんを探しておいてもよいかと思います。

 

 

 

エアコン購入と同時に5年延長保証を追加

 

エアコンと同時に5年延長保証(3150円)も購入しました。

 

メーカーの1年保証では不安があるので、追加年の保証は欲しいと思いました。

 

XPRICEでは、エアコンに3・5・7・10年という延長保証がつけられるようになっていました。

 

10年保証では保証料金が1万円を超えるので、今回購入したエアコンの価格から考えて5年保証で十分かなと思いました。

 

エアコンで5年保証を付ける場合、商品価格が40,000円以下では保証料金は2000円、40,001~60,000円では3000円(税別)という料金になっていました。

 

後日、SOMPOワランティ家電延長保証サービスという会社から、保証書(はがき)が送られてきました。

 

お店独自の保証ではなく、SOMPOホールディングスのグループ会社が担う保証なので信頼できそうな気がします。実際に故障して保証を受けてからでないと正確なことは言えませんが。。。

 

 

 

ネットショップのエアコン価格は上げ下げが激しい?

 

ネットでエアコンを購入してみて、楽天市場やアマゾンでは、エアコン価格が頻繁に上下すると感じました。

 

今回、楽天市場でエアコン(シャープ AYN22DHW)を購入しましたが、冬場は最安値で34000円くらいのときがあり、そこから徐々に値上がりして、購入したときは40800円(税込・送料込)でした。

 

4月初め頃、価格が38000円くらいだったので、明日購入しよう!と思ってその日は寝てしまったところ、翌日になったら39800円に値上がりしていました。

 

急に値上がったので、近く元の値段に下がるかなと能天気に待っていたら、また値上げで40800円になっていて、どんどん値段が上がっていくような雰囲気だったので、諦めてポチッと購入しました。

 

ちなみに、購入後も価格の変動を見ていたら、6万円近くまで値上がっていた時期もありました。その後は、また4万円台に戻っていました。

 

元々、低価格帯のエアコンのはずが、短期間で2万円くらいの価格差が生じていて、高値で掴まされた方は複雑な心境ではないかなと思いました。

 

楽天市場では、セールやポイント還元などによっても価格の変動が結構あります。

 

セール前に価格を上げておいて、セールになったら期間限定10%割引!といった宣伝をしたり、ポイント10倍!というようにたくさんポイント還元されるときは、ポイント分が予め価格に上乗せされていることがあります。

 

競合店が価格を下げると他のお店も値段を下げ、逆に値段を上げるとそれに合わせて価格を上げるというショッピングモール内の流れもあります。競合店で在庫切れになったタイミングで、値段を一気に上げるというようなこともあります。

 

天候によっても左右されるようで、急に暑くなったりするとエアコンの需要が急に上がって、それに応じるように価格設定も強気になることがあります。

 

ここまでコロコロ価格が変わると、いつ買えばいいのか分からなくなります。私が購入したのは低価格モデルでしたが、高額なエアコンであれば差額はもっと大きくなります。

 

もし、エアコンが壊れたタイミングで焦って買うとしたら、年間を通して一番高値のときに買うことになってしまうかもしれません。もう株を買っている気分です(笑)

 

エアコンのネット販売の価格推移データをいくつか見たところ、夏の終わりから年末にかけて特に値段が下がっているように感じましたが、ネットショップやメーカーの事情にもよりますので確実ではありません。

 

アマゾンや楽天市場に対応した価格変動をデータで出してくれるアプリやアドオンがありますので、それらを使えば、買いたいと思っている商品がいつ安いのかといったことが分かりやすいと思います。※セールなどの急激な価格上下は反映されないことがあるようです。

 

シャープ・エアコン価格変動

例:シャープエアコンの価格推移グラフ

(出典:楽天市場 + Price2alert)

 

家電量販店では、夏のエアコン商戦の時期に特に安くなったり値引き交渉がしやすいそうですが、混雑は覚悟しなければならないでしょう。

 

夏場はエアコンの取付業者さんが忙しすぎて、疲弊していることがあります。作業員さんの話をネットで読むと、すごく暑い中で屋根裏に入ったり室内で作業するので、体が思うように動かず、意図せず作業が雑になっていることがあるそうです。

 

余裕があれば、安い時期にエアコン本体だけを買っておいて、混雑時を避けて取り替えるという方法もありかもしれません。購入から日数が経過してからエアコンを設置する場合、初期不良があってもお店への返品は難しくなりますので、修理補償はしっかりつけておきたいです。

 

 

 

品切れや価格高騰のときはホームセンターが狙い目?

 

エアコンを購入する際に、ネット以外にホームセンターのチラシも注目していました。

 

コメリやカインズホームなどのホームセンターは、派手な最新鋭のエアコンは余りありませんが、量販店モデルといったベーシックなタイプが安く売られていることがあります。

 

家電量販店のように種類はありませんし、ディスプレイも地味でやる気を感じられないことがありますが^^、家電量販店で売切れになっているような時期でも、意外に在庫があって穴場になるかもしれません。

 

ホームセンターは、年間を通してあまり値段が変わらないと言われることもあって、家電量販店のセール時期と比べるとお得ではないときもあります。

 

逆に、家電量販店やネットで値上がりしているようなときは、価格が比較的安定しているホームセンターを覗いてみてもいいかと思います。

 

 

 

4万円台で買えるエアコンで比較したもの

 

今回、6畳用のエアコンを購入する際、同じような価格帯で比較したのは以下の機種になります。

 

富士通ゼネラル nocria  AS-C221L-W:コンパクトサイズで設置しやすい。上下左右スイング機能や0.5℃刻みの温度設定。熱交換器で加熱除菌や内部クリーン運転などエアコンのカビの繁殖を抑える機能が充実。富士通ゼネラルはエアコンや空調機器を主に製造するメーカー。

 

三菱重工 ビーバーエアコン ファインスノー  SRK2221T-W:コンパクトながら多機能なエアコン。三菱重工のジェットエンジン技術を使ったJET運転で広い範囲に気流が届く。上下左右スイング機能。防カビフィルタや運転停止後に自動でエアコン内部を乾燥させるなどの清潔機能。花粉を抑制するバイオクリア運転。3種類の除湿機能。毎日同じ時間に運転/停止ができるプログラムタイマー。室内機は少し前方に突き出しすぎる形状なので部屋とのマッチング確認が必要。

 

日立 ルームエアコン 白くまくん RAS-AJ22L:「白くまくん」としてよく知られる日立エアコンのベーシックモデル。室内機と室外機それぞれがコンパクトで狭いスペースやベランダに設置しやすい。使いやすいシンプルなエアコン。

 

三菱エアコン霧ヶ峰 MSZ-GV2221-W:省エネ大賞やグッドデザイン賞など数々のタイトルを取っている三菱電機ルームエアコン「霧ヶ峰」のベーシックモデル。日本製の品質にこだったシンプルなエアコン。3モードの除湿機能。結露水での洗浄と運転停止後にエアコン内部を乾燥させる清潔機能。前面パネルを外してお手入れができる。

 

パナソニック Eolia CS-220DFL-W:エオリア・シリーズのベーシックモデル。上下スイング機能や0.5℃刻みの温度設定。4段階の風量設定に加え風量を抑えた静かな運転も可。冷房と除湿では風を天井に向け体に直接当てない機能。エアコン内部のカビを抑制する機能。エオリアの売りであるナノイーXは搭載されていない。

 

アイリスオーヤマ エアコン IHF-2204G:基本機能を備えたアイリスオーヤマのスタンダードエアコン。上下左右スイング機能。弱い風量で静音運転するしずかモードや冷暖房を徐々に弱めるおやすみモードがある。自動内部クリーン機能。室内機に室温がLEDで映し出されるなどユニークな試みもある。

 

コロナ リララ CSH-N2221R:日本製のシンプルなエアコン。室内・室外の温度センサをもとに冷房・暖房・送風に切替わる自動運転あり。上下スイング機能。内部乾燥モードや抗菌・防カビフィルターでカビを抑える。ホームセンターでよく見るお手頃価格で買えるエアコン。

 

※価格については、購入時期やお店によって異なりますので、4万円台ではないことがあります。

 

 

この価格帯で高いレベルの機能を求めるのは無理がありますので、個人的にシンプルで壊れにくそうなエアコンという観点で選びました。

 

以前、多機能のエアコンを買ったとき、あまり細かい機能は日々使わないですし、機能が多くなって部品が増えると壊れる確率も高くなることを身をもって学習しました。

 

それぞれの機種でセールスポイントがあり迷いましたが、最終的にシンプルでプラズマクラスターがおまけで付いたシャープエアコンに決まりました。

 

キッチン・リビング・寝室など使う部屋によっても求めるものが違うと思いますが、6畳の書斎やホームオフィスに使うならば、私としてはこのタイプで十分だと思いました。

 

 

 

猛暑に備えて早めの対応が求められる?

 

私は家電を買ったら大切に長く使いたいタイプなので、エアコンも壊れるまで使ってきました。

 

冬は石油ファンヒーターをメインに使うため、1年中ずっと使っている環境よりはエアコンが長持ちしているかもしれません。

 

しかし、近年は猛暑が想定以上で、古いエアコンは悲鳴を上げてしまう気がします。

 

エアコンを夏場にフル稼働させて、同時に他の電化製品を使うとブレーカーが落ちてしまうお宅もあると思います。

 

新しいエアコンはどんどん省エネになっていて、一昔より少ない電力で稼働できます。

 

また、新しい機種は節電運転モードが付いているものがあり、今回購入したシャープのエアコンも最大電流を50%に抑えるオプション機能があります。

 

エアコンの機種や利用している電力プランにもよりますが、10年前と比べると電気代は2割くらい安くなったり、それ以上年式が古ければもっと節約できるそうです。

 

エアコンの寿命が10~15年と言われていますから、使用期間がそれ未満であれば無理に買い替える必要はないと思います。ただ、在宅で毎日の稼働時間が長かったり古いエアコンに関しては、早めに検討した方がよいかもしれません。

 

夏場の故障で必要に迫られて焦って買うより、冷静な判断ができるときに動けば、希望の機種を安く買えることがあると思います。

 

冬にエアコンが故障してもストーブやファンヒーターなど代用がありますが、夏は他に選択肢がなくて困ってしまいます。猛暑に備えて事前にエアコンの準備ができれば安心ですね。

 


公開:2022年6月8日 / 更新:2022年6月9日 / カテゴリ:日記