エコカーと気まぐれブログ > インサイト・整備 > インサイト・補助バッテリーの交換

インサイト・補助バッテリーの交換


車検の際、補助バッテリーを交換した方がいいと言われたのですが、ホンダディーラーで出してもらった見積もりは約14,000円でした。

 

インサイトのバッテリーは小さいので、そんなに高いの?って少しびっくりしました。

 

「もう数値が出ないほどレベルが低いです」といわれて、その場で交換するか心が揺れましたが、カー用品店のジェームスの方がきっと安いだろうと思って我慢しました(笑)。

 

 

車検が終わった後に、近所のジェームスに行ってバッテリーを点検してもらったところ、こちらでもバッテリーのレベルが低すぎる結果が出て、すぐにも交換した方がよい状態でした。

 

さっそく適応するバッテリーを調べてもらい、ザ・バッテリーECO2 34B17L(古河電池)を購入しました。

 

会員10%割引もあって、合計は8853円(税込)でした。

 

やっぱり安かった^^v 

 

古河電池は古いメーカーで名前は聞いたことがありましたし、3年または60,000kmの保証も付いていましたのでOKとしました。

 

 

 

~バッテリー交換費用の明細~

 

ザ・バッテリーECO2(34B17L):9237円(税込)

 

会員10%割引:924円

 

バッテリー交換工賃:540円(税込)

 

合計:8853円(税込)

 

 

ジェームスから郵送されてきた「5000円以上買うと1000円割引になるボーナスチケット」があったのに、数日前に期限切れになっていて使えませんでした。

 

もう少し早く気がつけばよかったです(涙)。

 

 

 

バッテリーの特徴やグレードにもよりますので一概に高い安いとはいえませんが、自分で交換できれば、楽天市場などでインサイト用のバッテリーをもっと安く買うことができます。

 

アマゾンでも「34B17L」のバッテリーを調べたところ、メーカーにもよりますが5000円前後くらいで、結構、安かったです。

 

いつもは何でもネットで注文しているような自分でしたが、今回はバッテリーを早く交換しないといけない状態だったので、通販で頼んでいる心の余裕がなかったです。

 

お店で購入を迷って帰宅しようとしたときに、途中でバッテリーあがりになったら悲惨ですからね。

 

 

今回の反省としては、補助バッテリーのチェックをもう少し気にかけておくべきでした。

 

インサイトは、ハイブリッドシステムでクルマを始動するので、一般の車とは違って補助バッテリーが弱くなっても、気がつきにいくことも分かりました。

 

ディーラーと比べて、自分で購入すればかなり安くバッテリーを購入できるので、次回はもう少し早めに気がついて自分で取り替えたいところです。

 

ただ、実際に自分でバッテリー交換するとなると面倒なところがあるので、いつものことですがネットで買って、グーピットで持込で交換だけ引き受けてくれるお店を探すことになりそうです。

 

ナビやアイドリングストップなどバッテリー関連が複雑になっている中で、今までと違って単にバッテリーを外して交換すればいいという時代ではないので、お店の見極めも必要になってくると思います。

 

お店によっては持込での料金が高くなっていることもありますので、バッテリーをそこそこ安い値段で提供しているお店で買って、交換から破棄までやってもらう方が総じて安いことがあるかもしれません。そう考えると、今回ジェームスで取り替えてもらったことも悪い選択ではなかったかもしれません。

 

 

 

自分で交換するときには、インサイト(ハイブリッド車)に使えるか、バッテリーの設置に際して寸法があっているかなどを確かめる必要があります。

 

安いと思ったら、実は再生バッテリーだったということもあります。

 

元々再生バッテリーを探していれば良いですが、そうでない場合は価格だけに振り回されない方が良いかもしれません。

 

 

インサイト・バッテリ交換の動画↓

 

 

 

メモリーバックアップを使用したバッテリーの交換方法↓

 

 

エーモン メモリーバックアップ:バッテリー交換時、ナビや時計などがリセットされないようにすることができます。

 


公開日:2014年11月8日 / 更新日:2019年8月26日 / カテゴリ:インサイト・整備