エコカーと気まぐれブログ > ホンダ > アコード・ハイブリッド&プラグインが登場

アコード・ハイブリッド&プラグインが登場


アコード・ハイブリッドとプラグインハイブリッドが2013年夏にも登場するようです。

 

アメリカではすでにアコード・プラグインハイブリッドが登場しているようですが、日本でもやっときました~って感じでしょうか。

 

ゆったりしたセダンタイプでハイブリッド車が増えることは歓迎したいです。

 

 

 

プリウスにしてもインサイトにしても、乗り心地の評価は低いです。燃費重視で、乗り心地は二の次って感じです。 かといって、乗り心地を求めて、レクサスのような高額なハイブリッド車は手が出ません。

 

トヨタでは、SAIやカムリがありますけど、あまり乗っている人をみないような気がします。このクラスでは人気が無いのか、値段の割にはそれほど燃費がよくないというのもあるのでしょうか。

 

HONDAファンにとってはどうなのかなと思いますが、個人的には少しグレードの高いセダンで、ハイブリッドが欲しいと思ったりします。それだけインサイトの乗り心地が悪いって意味でもあるんですが・・・。

 

 

 

 

技術的なこともあると思いますが、もっと、大型車にもハイブリッドの流れが加わるといいなと思います。

 

ホンダでは、大型車用に3つのモーターを使ったHVシステムも開発済みだそうで、これからどの車に乗せられてくるのか楽しみです。

 

今は、どうしても燃費ばかりに目がいってしまい、アクアやフィットでも、リッター30kmとかそのうち40kmなんていうことになると思うのですが、そうなると車種は小型になって乗り心地やドライブを楽しむという意味では、あまり評価が高くないと思います。

 

CR-Zのように運転を楽しむハイブリッドが出たときは、燃費以上にドライビングを楽しめることで評価が高かったと思います。 ホンダから乗り心地の良いハイブリッド車が登場するのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 


公開日:2013年3月16日 / 更新日:2016年12月4日 / カテゴリ:ホンダ